実写版「アラジン(2019)」感想 良かったとこ悪かったとこ

シェアする

青すぎるウィル・スミスが話題になった実写版「アラジン」を観てきました。

正直微妙かなぁDVDが出てからで良いかなぁと思っていたんですが、「クロスウォーク・ザ・ミュージカル」のアラジンを観て無性に観たくなってしまい、映画館に足を運んでしまいました。

極力確信に触れないように良かったところ、悪かったところをレビューしたいと思います。
若干のネタバレを含みますのでご注意を。

不朽のアニメーション『美女と野獣』を究極のライブ・アクションとして甦らせたディズニーが、世代を超えて愛され続けてきた『アラジン』を空前のスケールで待望の実写映画化!
名曲「ホール・ニュー・ワールド」をはじめとするおなじみのナンバーに映画音楽界のレジェンド、アラン・メンケンと、「ラ・ラ・ランド」「グレイテスト・ショーマン」のチームによる新曲も加わり 胸躍る冒険と真実の愛を描いた、豪華絢爛なエンターテイメントが誕生する。

STORY
ダイヤモンドの心を持ちながら、本当の自分の居場所を探す貧しい青年アラジンが巡り合ったのは、王宮の外の世界での自由を求める王女ジャスミンと、 “3つの願い”を叶えることができる“ランプの魔人”ジーニー。
果たして3人はこの運命の出会いによって、それぞれの“本当の願い”に気づき、それを叶えることはできるのだろうか──?

ディズニー公式サイトより
https://www.disney.co.jp/movie/aladdin/about.html

と引用してきましたが、有名すぎて説明するまでも無い作品ですね。

ビッグタイトルの割りにウィル・スミス以外はそれ程著名な俳優が出ていません。
アラジン役のメナ・マスードも日本でよく知られるような映画には出ていないようですし。

良かったところ

ストーリー

1992年公開のアニメ版アラジンに基本的に忠実な作りになっています。
アニメはアラジンとジャスミンのラブストーリーですが、今回は加えてジーニーの物語がプラスされている感じで、元の良さを残しつつ新しいお話を混ぜてあって、実写版として上手く消化している印象。
アラジンとジーニーの掛け合いもアニメとはちょっと違ってて面白い。


もちろん「ホール・ニュー・ワールド」の魔法のカーペットのシーンもアリマス。

監督がガイ・リッチー

スナッチ、最近ではシャーロック・ホームズが有名。
自分は割りと好きな監督。
外すこともあるのとミュージカルなので若干心配していたが、アグラバーの捕り物シーンはじめ監督らしい描写も有り良かった。
ミュージカルシーンも、アニメ版を踏襲しつつ現代的なテイストが入っていて面白かった。

ジーニー

今回一番の不安要素。
アニメのジーニーはロビン・ウィリアムズが凄すぎて、これを超えるジーニーは難しいだろうってところを、ウィル・スミスに合ったジーニーに上手く調整しており自分としては”有り”でした。
アニメには登場しないダリア(侍女)とジーニーの絡みも良いし、超えるのではなく変えるというアプローチが成功していると思いました。

ただ人によっては「こんなのジーニーとちゃう」ってなると思うので賛否両論あるでしょう。


悪かったところ

ジャファー&イアーゴ

ヴィランとしてのインパクトが弱い。
アニメ版の強烈なビジュアルに欠けるし、年齢的にもちょっと若すぎるかな。
ジーニー同様、人間臭さが強調されている分スッキリしないというか少し可哀相とすら思ってしまいお話的に逆効果。
とことん悪役であって欲しかった。

インコ?オウム?のイアーゴに関しては、アニメ版の頼りになる腹黒い相棒からただのよく喋るペットになってしまい超大幅にパワーダウン。
ガッカリだよ。



ジャスミン

アニメも強い女性として描かれているジャスミンですが、実写版は強さの方向性がなんとも。

広く世界に作品を発信しているディズニーゆえでしょうが、本作に限らず近年のディズニー映画のポリコレに対する配慮が作品に露骨に出てしまっている。

いかにもガイ・リッチーらしくてシーンとしては良いジャスミンのソロパートも、露骨すぎて観ていてちょっと引いてしまう。
決してストーリー的におかしいわけでは無い。最初からこうゆうジャスミンであればそれはそれで全然良いのだが、あからさまに配慮しているのが透けて見えるので違和感を感じる。もっと自然にできないのかと思う。
ビジュアル・演技共に強く可愛くジャスミンのイメージと合っているだけに残念な感じ。

考えとしてとても大事なことだし現代社会として有るべき姿だと思いますが、歴史的な背景としておかしいとか、作品の世界観に合っていないとか、創作の自由さにまで制限をあたえてしまうのはちょっと違うかなと思う。


とはいえ全体としては想像していたよりずっと面白かった。
個人的には映画館で観ることをおススメしたいです。

アニメのアラジンを「好きすぎて好きすぎて仕方が無い」みたいな人にはもしかしたら駄目かも?

スポンサードリンク

クロスウォーク・ザ・ミュージカル

冒頭で書いた「クロスウォーク・ザ・ミュージカル」ですが、俳優のジェームズ・コーデンが司会をしているアメリカのトーク番組「レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン」のコーナーです。

”コーデンとゲストが、青信号になった横断歩道の真ん中でフラッシュモブ形式のミュージカルを行う”
という、日本で演ったら炎上間違い無しの面白コーナー。

過去にメリー・ポピンズとかもやっていて(個人的には)大爆笑で大好き。
Youtubeでいくつか観ることができます。

Crosswalk the Musical: Aladdin ft. Will Smith, Naomi Scott & Mena Massoud

アラジンの動画 ジェームズ・コーデンとウィル・スミスのやり取りが面白い。
バナナwwww

Crosswalk the Musical: Mary Poppins

コーデンのメリー・ポピンズの存在だけで笑える。

ガイ・リッチー監督の映画

群像劇を撮らせたらピカイチの監督だと思う。
ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズがおススメ。


 アラジン 公開:2019
 原題:Aladdin 製作:アメリカ
個人評価(10段階)
 DIRECTOR
 ガイ・リッチー 
 CAST
 ウィル・スミス   マーワン・ケンザリ 
 メナ・マスード   ナヴィド・ネガーバン 
 ナオミ・スコット   ナシム・ペドラド 
DVDレーベル
<感想> アラジン DVDラベル
期待より面白かった。ジーニーのキャラをウィル・スミスに合う形で上手く作っていると思う。ジャスミンのキャラクターについては、同じ強いでもアニメの方が女性らしくかつ力強くて魅力的だと思う。最近のディズニーの傾向かね。
<みどころ>
侍女!アニメにいないキャラだがとてもキュート。物語的にもね。
 

 シャーロック・ホームズ 公開:2009
 原題:Sherlock Holmes 製作:アメリカ
個人評価(10段階)
 DIRECTOR
 ガイ・リッチー 
 CAST
 ロバート・ダウニー・Jr   マーク・ストロング 
 ジュード・ロウ   ケリー・ライリー 
 レイチェル・マクアダムス   ジェームズ・フォックス 
DVDレーベル
<感想> シャーロック・ホームズ DVDラベル
主演二人含め出演者が良い。映像はいかにもガイ・リッチーという感じで面白いが、いつもの群像劇のような終盤に向けてのドライブ感が無く少々物足りない。とはいえシャーロック・ホームズのイメージをひっくり返す試みは成功しているし、所々の演出も面白い。
<みどころ>
ロバート・ダウニー・Jrのホームズという意味では想像通り。ジュード・ロウのワトソンは色男やな。髪が薄いのはあんまハンデにならんな。
楽天レンタルで「シャーロック・ホームズ」を借りよう

 シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム 公開:2011
 原題:Sherlock Holmes A Game of Shadows 製作:イギリス アメリカ
個人評価(10段階)
 DIRECTOR
 ガイ・リッチー 
 CAST
 ロバート・ダウニー・Jr   ジャレッド・ハリス 
 ジュード・ロウ   レイチェル・マクアダムス 
 ノオミ・ラパス   スティーヴン・フライ 
DVDレーベル
<感想> シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム DVDラベル
前回が割と面白かったので結構期待して観たが、少々物足りなかった。ジャレッド・ハリスは悪くはないんだが、ホームズサイドが全員くどい面々なので、モリアーティのインパクトが弱い。前回好評のホームズアクションは今回も健在だがやや出しすぎでお腹いっぱい。
<みどころ>
列車での変装と兄ちゃんスッポンポンwww
楽天レンタルで「シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム」を借りよう

 スナッチ 公開:2000
 原題:Snatch 製作:イギリス
個人評価(10段階)
 DIRECTOR
 ガイ・リッチー 
 CAST
 ジェイソン・ステイサム   ブラッド・ピット 
 スティーヴン・グレアム   ヴィニー・ジョーンズ 
 ベニチオ・デル・トロ   ジェイソン・フレミング 
DVDレーベル
<感想> スナッチ DVDラベル
ロック、ストックが一度緩めた紐を終盤にピーンと張っていくのに対して、スナッチは割りと緩まずに張りすぎず進む感じ。どっちが好きかは好みだが、自分はロック、ストックかな。とはいえスナッチも良い出来だと思う。
<みどころ>
今回はヴィニー・ジョーンズは割りと地味な役だが、その代わりベニチオ・デル・トロがヤベェwww
楽天レンタルで「スナッチ」を借りよう

 ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ 公開:1999
 原題:Lock,Stock and Two Smoking Barrels 製作:イギリス
個人評価(10段階)
 DIRECTOR
 ガイ・リッチー 
 CAST
 ニック・モラン   デクスター・フレッチャー 
 ジェイソン・ステイサム   ヴィニー・ジョーンズ 
 ジェイソン・フレミング   ティーヴン・マッキントッシュ 
DVDレーベル
<感想> ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ DVDラベル
タイトルがカッコイイw。いくつものエピソードが上手く絡み合う脚本とラスト30分それが一気に収束していくドライブ感はすばらしい。とはいえこの手合いは一般受けするかと言うと微妙。惜しむらくは中盤に中だるみしてしまうこと。
<みどころ>
わざとなのはわかっていても主人公4人組がスゲーバカでヤキモキする。ヴィニー・ジョーンズはいいキャラだねぇ。英語がペラペラだと3倍楽しめるだろうになぁ、と思うと残念。
楽天レンタルで「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」を借りよう

 ロックンローラ 公開:2008
 原題:RocknRolla 製作:イギリス
個人評価(10段階)
 DIRECTOR
 ガイ・リッチー 
 CAST
 ジェラルド・バトラー   マーク・ストロング 
 トム・ウィルキンソン   トム・ハーディ 
 タンディ・ニュートン   イドリス・エルバ 
DVDレーベル
<感想> ロックンローラ DVDラベル
ガイ・リッチーの映画を実は初めて観たんだが、ちょっとイマイチかも。ところどころ小気味良いところもあるが、全体的にはモッサリ。複数のエピソードの繋がりがピシッと決まらない感じ。ロック、ストック~やスナッチのが全然良いって評価も聞くのでそちらを観てみようと思う。
<みどころ>
映像としての雰囲気は嫌いじゃない。オープニングとかちょっとカッコイイし。
楽天レンタルで「ロックンローラ」を借りよう


  

「にほんブログ村、ブログランキング」に参加しとります。
ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

ドラマ映画ランキング