DVDレーベル検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加






 エドtv 公開:1999
 原題:EDtv 製作:アメリカ
個人評価(10段階)
 DIRECTOR
 ロン・ハワード 
 CAST
 マシュー・マコノヒー   デニス・ホッパー 
 ウディ・ハレルソン   エレン・デジェネレス 
 ジェナ・エルフマン   エリザベス・ハーレイ 
DVDレーベル
<感想> エドtv
ハリウッドの派手派手な映画ではないが、題材がなかなか面白い。
<みどころ>
脳筋兄貴役のウディ・ハレルソンが良い味出してる。っつか俺が好きなだけか?w。
楽天レンタルで「エドTV デラックス・エディション」を借りよう

 ダ・ヴィンチ・コード 公開:2006
 原題:The Da Vinci Code 製作:アメリカ
個人評価(10段階)
 DIRECTOR
 ロン・ハワード 
 CAST
 トム・ハンクス   ポール・ベタニー 
 オドレイ・トトゥ   アルフレッド・モリーナ 
 イアン・マッケラン   ジャン・レノ 
DVDレーベル
<感想> ダ・ヴィンチ・コード
話題作だけあってキャストは豪華だが、映画としてはそこそこという印象。個人的にはダン・ブラウンの原作の方が面白い。映画という限られた時間で謎解き物の原作は難しいなと思った。たまたま原作読んでたからわかったが「ピカー! A・P・P・L・E!」はちょっとねぇ。。。
<みどころ>
映画そのものと言うより宗教観の違いをすごく感じた。日本人の感覚だと「映画なんだからそんなに大騒ぎすることか?」って思ってしまうが、海外では放映自体が大問題になる国もあって驚きだ。
楽天レンタルで「ダ・ヴィンチ・コード」を借りよう

 天使と悪魔 公開:2009
 原題:Angels & Demons 製作:アメリカ
個人評価(10段階)
 DIRECTOR
 ロン・ハワード 
 CAST
 トム・ハンクス   ステラン・スカルスガルド 
 ユアン・マクレガー   アーミン・ミューラー=スタール 
 アイェレット・ゾラー   ニコライ・リー・カース 
DVDレーベル
<感想> 天使と悪魔
ダヴィンチ・コードに比べよりテンポ重視という感じになっている。好みが分かれると思うが中途半端な説明入れるならこっちの方が良いかな。前作の「おおお、あっぷる!」もそうだが映画では原作の小説なみに説明しきれんので。
<みどころ>
ストーリーは「あぁやっぱね。」って感じ。
楽天レンタルで「天使と悪魔」を借りよう

 塔の上のラプンツェル 公開:2010
 原題:Tangled 製作:アメリカ
個人評価(10段階)
 DIRECTOR
 バイロン・ハワード 
 CAST
 マンディ・ムーア   ブラッド・ギャレット 
 ザッカリー・リーヴァイ   ロン・パールマン 
 ドナ・マーフィ   ジェフリー・タンバー 
DVDレーベル
<感想> 塔の上のラプンツェル
童話のラプンツェルとは全く異なるストーリーだが期待以上に面白かった。日本のアニメと全く違うんだが、生き生きとした人間の動きはさすがと思う。ラプンツェルがカワイイ。
<みどころ>
CGの映像が綺麗なのでブルーレイで観ることをオススメする。背景とか「さすがディズニー金かかってんな。」って感じで見とれてしまう。
楽天レンタルで「塔の上のラプンツェル」を借りよう

 ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー 公開:2018
 原題:Solo: A Star Wars Story 製作:アメリカ
個人評価(10段階)
 DIRECTOR
 ロン・ハワード 
 CAST
 オールデン・エアエンライク   ドナルド・グローヴァー 
 ウディ・ハレルソン   タンディ・ニュートン 
 エミリア・クラーク   ポール・ベタニー 
DVDレーベル
<感想> ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
ハリソン・フォードのイメージが大きすぎるハン・ソロをやるのは、かなり難易度が高かろう中で頑張っているし、単品としてはそこそこ悪くないかなとも思う。しかしながらこの人物が後のハン・ソロになるイメージが全然沸かないんだなぁ。
<みどころ>
ナンバリングのスターウォーズの時系列ではずっと以前に退場しているはずの黒いアイツが。。。

 僕が結婚を決めたワケ 公開:2011
 原題:The Dilemma 製作:アメリカ
個人評価(10段階)
 DIRECTOR
 ロン・ハワード 
 CAST
 ヴィンス・ヴォーン   ウィノナ・ライダー 
 ケヴィン・ジェームズ   クイーン・ラティファ 
 ジェニファー・コネリー   チャニング・テイタム 
DVDレーベル
<感想> 僕が結婚を決めたワケ
つまらなくは無いんだが、ストーリーも普通で新鮮味の少ない映画。ヴィンス・ヴォーンは相変わらずガンガン喋る。クイーン・ラティファは大好きな女優だが、今回のソウルババァ役はなんかちょっと映画から浮いてた印象。
<みどころ>
ウィノナ・ライダーはやさ暮れキャラ女優として安定してきた感じで最高です。
楽天レンタルで「僕が結婚を決めたワケ」を借りよう







スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする