映画感想「アトミック・ブロンド、ベイビードライバー、カメラを止めるな!etc」(2019.2.22)

個人的にエドガー・ライトが好きなのもあるが、おススメは「ベイビー・ドライバー」。
「カメラを止めるな!」は面白かったが大騒ぎするほどかとは思う。とはいえ低予算でちゃんと作っているのは好感が持てる。


<タイトル>
アトミック・ブロンド
インサイド・ヘッド
イントゥ・ザ・ウッズ
カメラを止めるな!
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
ベイビー・ドライバー
ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習

 アトミック・ブロンド 公開:2017
 原題:Atomic Blonde 製作:アメリカ
個人評価(10段階)
 DIRECTOR
 デヴィッド・リーチ 
 CAST
 シャーリーズ・セロン   ソフィア・ブテラ 
 ジェームズ・マカヴォイ   トビー・ジョーンズ 
 ジョン・グッドマン   エディ・マーサン 
DVDレーベル
<感想> アトミック・ブロンド DVDラベル
シャーリーズ・セロンは今回も超ビューテホ。しっかり体を作って女性ながら体を張った骨太アクションはさすが人体改造女優。映像も色調を変化させたりして面白い演出だと思うし、ストーリーも考えていてオチもなかなかで全体的には面白いんだが、スパイアクションならではのドキドキとかワクワクがもう少し有ればなぁとは思う。
<みどころ>
シャーリーズ・セロンの背筋。全編に流れる音楽は当時の雰囲気を出すためか80年代中心でおっさんホイホイ。
 

 インサイド・ヘッド 公開:2015
 原題:Inside Out 製作:アメリカ
個人評価(10段階)
 DIRECTOR
 ピート・ドクター 
 CAST
 エイミー・ポーラー   ミンディ・カリング 
 フィリス・スミス   ビル・ヘイダー 
 ルイス・ブラック   リチャード・カインド 
DVDレーベル
<感想> インサイド・ヘッド DVDラベル
CGも凄いしアイデアも面白い。喜悲怒嫌恐のキャラデザもしっかり作り込まれていて可愛いんだが、何か感性にビビっとるくる程魅力を感じない。ストーリーとしては喜悲の心が通い合うエピソードがもっとあれば終盤にもっと盛り上がったのではないかと思う。
<みどころ>
人それぞれの頭の中でリーダーの感情が違うのが面白い。
 

 イントゥ・ザ・ウッズ 公開:2014
 原題:Into The Woods 製作:アメリカ
個人評価(10段階)
 DIRECTOR
 ロブ・マーシャル 
 CAST
 メリル・ストリープ   アナ・ケンドリック 
 エミリー・ブラント   ダニエル・ハッスルストーン 
 ジェームズ・コーデン   リラ・クロフォード 
DVDレーベル
<感想> イントゥ・ザ・ウッズ DVDラベル
独特のテンポで物語が進行するのが面白いが、終盤ちょっとだれてくる。ミュージカルはとても良いんだが、バーンと派手な演出のシーンがあまり無い。舞台もこんな感じなのかしら。キャストは皆良い味出していて素晴らしい。ジョニー・デップは今回みたいなちょい出の面白役好きね。
<みどころ>
メリル・ストリープの登場と退場がいちいち面白い。あとクリス・パインとビリー・マグヌッセンの王子兄弟の開襟バーン!笑えるw ラプンツェル役のマッケンジー・マウジーは美人さんだが、今回はあまり中心的な役ではなく残念。
 

 カメラを止めるな! 公開:2018
 原題:カメラを止めるな! ONE CUT OF THE DEAD 製作:日本
個人評価(10段階)
 DIRECTOR
 上田慎一郎 
 CAST
 濱津隆之   しゅはまはるみ 
 秋山ゆずき   細井学 
 長屋和彰   大沢真一郎 
DVDレーベル
<感想> カメラを止めるな! DVDラベル
面白いが社会現象になるほど面白いかと言うとそれ程ではという感想。ネタがそこまで斬新というわけでは無いものの、各登場人物を視聴者が分かり易いステレオタイプにはめ込む事で限られた尺で各キャラが違和感無く生きて面白さを増幅していると思う。
<みどころ>
終盤のピラミッド。登場人物の意識の変化と一体感をビジュアルで表現していて良い演出だと思う。プロデューサー役の竹原 芳子(どんぐり)のビジュアルとキャラクターのインパクトが濃ゆくて良い。
 

 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー 公開:2014
 原題:Guardians of the Galaxy 製作:アメリカ
個人評価(10段階)
 DIRECTOR
 ジェームズ・ガン 
 CAST
 クリス・プラット   ブラッドリー・クーパー 
 ゾーイ・サルダナ   ヴィン・ディーゼル 
 デイヴ・バウティスタ   リー・ペイス 
DVDレーベル
<感想> ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー DVDラベル
主人公を筆頭にヒーロー物としてはビジュアル的に地味なんだが、キャラクターの見せ方が上手で観てるうちに魅力的にみえてくる。見た目に加えて突出したスーパーパワーも無いキャラでこれだけ面白く作れるのはたいしたものだと思う。
<みどころ>
セリフが1つだけってのは面白い。ヴィン・ディーゼル起用しているのに贅沢なw。アベンジャーズのヴィランのサノス(ジョシュ・ブローリン)やコレクター(ベニチオ・デル・トロ)がちょい出しで登場。
 

 ベイビー・ドライバー 公開:2017
 原題:Baby Driver 製作:アメリカ
個人評価(10段階)
 DIRECTOR
 エドガー・ライト 
 CAST
 アンセル・エルゴート   エイザ・ゴンザレス 
 ケヴィン・スペイシー   ジョン・ハム 
 リリー・ジェームズ   ジェイミー・フォックス 
DVDレーベル
<感想> ベイビー・ドライバー DVDラベル
ミュージックビデオの製作から派生してできただけあり、音楽と映像のマッチングが素晴らしい。カーチェイスの掴みも良く前半だけなら満点だが、後半にかけてキャラクターがぶれてくるしストーリー・演出も少々グダってくるのが勿体ない。ストーリーは若干強引なところもあるが、映像・演出を楽しむ映画だと思う。
<みどころ>
ワイルド・スピードみたいな派手なカーアクション目当ての人は肩透かしかも。メインの女優2人がとても可愛い。ジェイミー・フォックスはムカつくキャラクターやらせたらピカイチだな。
 

 ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習 公開:2006
 原題:Borat: Cultural Learnings of America for Make Benefit Glorious Nation of Kazakhstan 製作:アメリカ
個人評価(10段階)
 DIRECTOR
 ラリー・チャールズ 
 CAST
 サシャ・バロン・コーエン   パメラ・アンダーソン 
 ケン・デイヴィシャン   アラン・キーズ 
 ルエネル   ボブ・バー 
DVDレーベル
<感想> ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習 DVDラベル
映画はフィクションだが、ドッキリカメラ状態でおちょくり倒すので出演者の多くがマジギレ。上っ面の皮は剥いだ画を撮りたい意図はわかるがヒヤッヒヤで観てらんない。所々面白いが不謹慎の次元がぶっ飛びすぎて映画としてどう評価してよいのやら。
<みどころ>
唯一?の共演者のケン・デイヴィシャン(アザマット役)が良い味出してる。裸の乱闘シーンは特にヤバイ。サラっと流したが冷蔵庫の中www
 



「にほんブログ村、ブログランキング」に参加しとります。
ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

ドラマ映画ランキング