バイクにUSB電源 取付けチャレンジ(スポーツスター XL883)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かみさんのスクランブラーには納車時にUSB電源を付けてもらったので、スマホのナビもバッテリーを気にせず使えます。
自分のスポーツスターは2004年式なので当然そんなものは無く
「無くても別に構わんわ」とも思っていたので今まで付けていませんでしたが、いざかみさんのバイクを借りてみるとUSBが使えてすこぶる便利

「やっぱりUSB欲しいぃぃん」

とスポスタにも付けることにしました。


とりあえず充電できれば良いし、バッテリーから直取りで良いかってことで
ディーラーには頼まず、自分で取り付けすることにしました。

購入したのはこちら

DAYTONA(デイトナ) バイク専用電源2.1A USB(5V / 2.1A)1ポート 93039

これにした理由はUSBポートが1つのみ
とにかくシンプルでハンドルバーに付けても邪魔にならない

またバッテリーから直取りする想定だったので
・中間にコネクタで分離できるようになっており、分離すれば保管時にバッテリー消費を抑えられる
・ケーブル途中にヒューズが付いているので安心


他に悩んだものでは

Yitengオートバイ GPS携帯電話  USB電源ソケット充電器+ BULE電圧計 3.1A  USB2ポート

USBが2ポートあって、電圧計も付いており、背面には電源スイッチもあるので電源をOFFにしておけばバッテリーから直取りでも消費を抑えられる。
機能的には良いことづくめだったのだが、多機能な分ちょっと大きいので邪魔かなぁと断念。


XBERSTAR バイク USB電源 充電器 2.1A 電圧計付 ON/OFFスイッチ 防水 オートバイのハンドルに取り付け可能

USBは1ポートだが、電圧計、電源スイッチ有りでバッテリー直取りとしては機能として申し分無い。
大きさ的にも邪魔にならなそうで、正直こっちでも良いかなぁとも思います。

最後まで悩んだが、電源スイッチ部分の防水が大丈夫なのかとヒューズが付いていないのが不安だったので、一応名前が知れたメーカーでレビューも多かったデイトナの方にしました。

さぁ取り付けするぞぉ

とバイクを眺めながら、バッテリーからハンドルバーまでのケーブルルートを考えているうちに、、、

「いちいちコネクタ外すの面倒くせぇな、、
電源スイッチ付きにすれば良かったかな。
つか、やっぱイグニッションと連動して電源入った方が良くね?」

ブツを買ってしまった後にブレまくる思考


馬鹿なのか??


ということで急遽路線変更して、キー連動する形で取り付けることにしました。

そうなるとバッテリー直取りではなく、ヒューズから電源取る必要があるため
近所の2りんかんまでヒューズ電源を買いにひとっ走り。

買ってきました。


2004年式スポーツスターの場合、ヒューズ位置は車体左側面のバッテリーの右側に6箇所。
イグニッションと連動しているのは、左上のヒューズになります。

ヒューズのプラスマイナスを間違えるとショートしますのでご注意を。
ちなみに右がプラスでしたが、検電テスターでチェックしてから接続をお勧めします。

USB電源のプラスをヒューズ電源と繋げて、イグニッションと連動しているヒューズに接続。
マイナス側はボディアースするので、下の写真のボルトに共締め。

ケーブルはタンク下のケーブル群に結束バンドで、中間のデカイプラスチックの奴は両面テープで固定しました。





わっかりづらいですが、無事キー連動してUSBから電源が供給されるようになりました。
ピンクのくそダサいUSBケーブルはダイソーの格安ケーブルですが、20cmと短くてこうゆう時に使い勝手が良いので気に入っています。
以前は20cmの黒いケーブルがあったんですが、最近はメルヘンピンクしか無くなってしまいました。

結局ヒューズ電源にヒューズが入っているので、最後まで悩んだもう一個の方でも良かったのでは?
あっちのが安かったし、、、
などと後の祭りのようなことが頭をよぎりましたが、まぁ上手くいったし良しとするか。


ちなみに
ドゥカティのスクランブラーですが、標準でもUSB電源が付いています。

付いています、、、、が、、、

シートを外した中に在るタイプなので、いちいちシート外して充電するのも面倒だし
走行中に充電するとお尻の重さでUSBケーブル曲げちゃいそうな気がして、いまいち使い勝手が良くないです。

結局これは放置して、納車時にオプションでハンドルバーのところにUSB電源を付けました。





「にほんブログ村、ブログランキング」に参加しとります。
ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 バイクブログへ


バイク(全般)ランキング

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク