使用レポート:Nintendo SwitchでBluetoothワイヤレスイヤホンが使えるオーディオアダプタ

シェアする

我が家ではNintendo Switchは携帯もできて便利なんですが、Bluetoothのワイヤレスイヤホンが使えないのが難点です。
正直ハード的に標準でBluetoothに対応して欲しいところですが、何か良い手は無いかと探してみたところ、有りました。

SwitchでBluetoothのイヤホンが利用できるオーディオアダプター。

Nintendo Switch対応Bluetooth オーディオトランスミッター【Bluetooth5.0 AptX LL低遅延】

これは試すしかないと早速購入してみました。

パッケージはこんな感じ。
いかにも中華っぽい感じですがケースに入っていて意外と?ちゃんとしています。

中身の構成は3個
・Bluetoothトランスミッター:SwitchのUSB-Cポートに接続する本体
・USB変換コネクター:PCやPS4にも接続するためのUSB-Bに変換するコネクター
・マイク:オーディオ端子に接続するマイク

トランスミッター本体はUSB接続部が収納時に折れないようにカバーがついています。

接続はいたって簡単。
Switch本体下部のUSBに刺して、青いボタンを4秒程長押しすると登録モードになります。
その状態でワイヤレスイヤホンを登録モード(大体ケースから取り出すと自動で登録モードになることが多いです)にすると、簡単に接続できます。

青いボタンと赤いボタンでそれぞれ登録できるようになっていて、同時に2台のワイヤレスイヤホンが登録・使用できます。



我が家にはNintendo SwitchとNintendo Switch Liteの両方があるので、それぞれ接続してみました。

どちらも問題無く使用できましたが、見ての通りデザイン・サイズ的にはLiteよりもノーマルSwitchの方がしっくりきます。
邪魔にはなりませんがLiteだと若干はみ出す感じ。
機能としてはどちらも問題無く使用できました。

注意点としては2つ。
・USB端子につなげるのでTV表示モードでは使えない。
・マイク機能のあるワイヤレスイヤホンであってもマイクは動作しない。

Bluetoothアダプターとしては聞く方オンリーの機能しか付いていません。
なのでフォートナイト等、Switchでボイスチャットを使う場合には、付属のマイクをSwitchのオーディオ端子に刺すことでマイクとして使用することができます。

音ゲーはなかなか厳しいかもしれませんが、Bluetoothのバージョン5.0にも対応かつAptX Low Latency(aptX LL)のコーデックにも対応しているので、低遅延で音ズレを最小限に抑えてくれることで普通にゲームをする分には全く気になりません。

通勤・通学で有線のイヤホンを別で持ち歩かなくて良いので超便利!



またデザインこそSwitchに合うように作られていますが、変換コネクターを使うことでパソコンやプレステ4でも使える優れもの。

実際PCに接続するとこんな感じ。

ぶっちゃけ超ブサイクですが、Bluetoothに対応していないPCでもワイヤレスイヤホンが使えるようになります。
イヤホンジャックにマイクを刺せば今時の在宅ワークに必須のWeb会議も可能です。

なおSwitchのバッテリーの消費ですが、思った程バッテリー消費は激しくないです。
通勤・通学で利用する位であればさして影響は無いレベルだと思います。



同じ様な商品もいくつか出ていて、Liteに合うようなカラーも有ったりするのでデザインや機能の好みで選んでも良いと思います。

Gulikit Route Air Pro Bluetooth オーディオアダプター Nintendo Switch Bluetoothトランスミッター Switch Lite PS4 PC用 イヤホンワイヤレス/ヘッドフォンレシーバー aptX低遅延 超薄型 無線ブルートゥース (ブルー)
GuliKit



なお、こちらはTV出力や充電しながらできるタイプ。

水陸両用ならぬ、持ち運びでも使えてHDMIケーブルで繋げばTV出力もできるタイプ




ドックタイプなので持ち運びはできませんが、据置型でワイヤレスイヤホンが使用できます。