小さくて持ち運び簡単、超楽しい! スマホから簡単印刷 サーマルプリンタ PeriPage A6 Mini Printer

シェアする

スマホでカラー写真をお手軽にプリントできるガジェットと言うと、FUJIFILMのチェキプリンター等が代表的なものだと思います。

FUJIFILM チェキ スマホプリンター instax mini Link

携帯性も悪くなくカラーで綺麗にプリントできるので商品としては非常に良いのですが、いかんせんフィルムがなかなかのお値段がするので(20枚で1,200円位)、なんでもかんでも印刷するのは若干抵抗があります。



そんな中でおすすめしたいのはコレ。

PeriPage A6 Mini Printer (304dpi)

チェキプリンターのようにカラーではなく白黒プリントですがとにかくプリントのコスパが良い!

ヘンテコなガジェットが大好きな私は早速買いましたよ!
真ん中がクマさん顔になっていて、女性にも受けが良さそうな可愛らしいあざといデザインです。

携帯時に傷が付かないようにシリコンケースもあわせて購入。
サイズも若干厚み(4.5cm程度)がありますが小さくて可愛い。
比較としてiPhone XRと並べてみました。

プリントは専用のアプリをスマホにインストールして、Bluetoothで接続するだけ。
PeriPageの電源を入れておけば、印刷する時に接続先として出てくるので簡単に印刷できます。

PeriPage-2020version

PeriPage-2020version
開発元:厦门爱立得科技有限公司
無料
posted withアプリーチ



早速、世界一可愛い我が家の愛犬(馬鹿親)をプリント。
アプリからカメラロールを呼び出して印刷します。
写真の印刷範囲の指定やコントラスト調整、フィルタ等も行えます。

こんな感じで簡単に印刷できます。

やーん! 世界一可愛い!!!(馬鹿親)

馬鹿親は置いておいて、思ったよりも綺麗にプリントできました。
今時白黒なのが味のある感じでむしろ新鮮!

そして先程も書きましたが印刷コストがとにかく安い。

用紙はこのように感熱紙のロールをセットするだけなのでインクも不要です。
1ロール3~400円程度で12m位あるので、遠慮無くガンガン印刷できる。



写真だけじゃなくWebページやテキストも印刷できるので、ちょっとしたメモを残しておくといった用途にも使えます。



調子に乗ってどうでも良いものもガンガン印刷しますw

漫画のように元々白黒のものは非常に相性が良く、綺麗にプリントされますね。


スナックバス江より



食べ物の写真はちょっとわかりづらいかも。
綺麗にはプリントできているんですが。。。



人物は意外と良い感じ。
※被写体モデルは個人の好みです。



人物もやはり白黒のポートレートみたいなものは大変相性が良いです。



ロール状の用紙の利点を生かして盛大に横長なパノラマ写真なんかも印刷できます。



またアプリに用意されたテンプレートを組み合わせて、こんなプリントも簡単にできます。

細かな文字も潰れずにかなり鮮明に印刷できます。



QRコードやバーコードも作れるので、実用面でも何気に便利そう。

商品仕様

商品名:【PeriPage A6】フォトプリンタ
材質:ABS + PC
用紙の種類:感熱紙
接続:Bluetooth4.4.4またはusb(PC用)
入力:5V、2A
電源:充電式リチウム電池
バッテリー:1000mAh
紙の幅:57mm
ロール径:30mm(約12m)
対応感熱紙:感熱紙/ステッカー/ラベル
解像度:304DPI
サポートされているシステム:Windows&Android&iOS
商品サイズ:7.9 * 7.9 * 4.2cm
商品重量(ロール紙付き):188g



今回購入したものは解像度が304dpiのものですが、もう少しお値段が安い203dpi版もあります。

PeriPage A6 Mini Printer (203dpi)



印刷コストを気にしなくて良いので、撮った写真をその場でどんどん印刷して友達にあげたり、楽しい使い方ができそうです。
またカラーのフォトプリンターと違ってテキスト印字にも向いており、ポストイットのように粘着タイプの用紙やラベル用紙とかもあるので、多様な使い方できるのも便利そうで良いです。

How To Use Peripage Printer – Top Examples



同じような製品もいくつか出ておりカメラ付きのもの等、多少機能に差異があるので、価格や利用イメージに合わせて好みの物を選ぶのも良いと思います。

Phomemo M02 PRO
PAPERANG スマホ対応プリンター
myFirst Camera Insta